傑作選のネタをメンバーに問いかけたところ、Voたっちゃんから新旧比較で聴いてみたいと言う提案を受け、「ごきおや版ビフォア&アフター!」を考えてみました。

最新のライブはコロナパニック直前に、マスク着用で臨んだ「小牧・スクラッチ」だったので同じ条件で比較できる2015年2月の同じ場所で行われた「ごきおや新年会」での演奏を比較として引っ張り出してきました。過去の若さと??ルックスに?胸躍らせ、今の枯れた円熟味?を満喫してください。

曲目は「ずっと好きだった」2015バージョン2020バージョン、「ボヘミアン」2015バージョン2020バージョン、「銃爪」2015バージョン2020バージョン、「フォルテシモ」2015バージョン2020バージョン

赤色文字をクリックし動画を楽しんでください。

コロナウイルスの影響を受け、ライブの予定が立ちません。当ホームページもネタに窮しています。そこで過去のライブを振り返る「ごきおやライブ傑作選」を企画しました。

コロナ禍を乗り切りライブが再開できる日まで、この企画で「ごきおや」を楽しんでください。

やっぱり最初はこれでしょう!!「さあ みのる 一緒にやるよ!」で始まった2013年8月4日の「高田サマーフェスティバル」これしかないですよね。

2012年11月11日の串作ライブの4日後、ベースシストみのるチャンがこの世を去ったことにより存続の危機に立たされた「ごきおや」でした。しかし皆さんの声援を糧に復活を果たすことのできた記念すべきライブです。

智ちゃんのキーボードが響き渡る中、たっちゃんの「さあ みのる 一緒にやるよ!」でいよいよ「新生ごきおや」としての復活ライブの始まりです!!まずは「フォルテシモ」→「宿なし」→「別れの朝」→「ヒーローになる時それは今」、ここで新ベーシスト茂美ちゃんの紹介を挟み「朝まで踊ろう」そしてラストは「ダイアナ」、アンコールに応え「今はもう誰も」・・・いいですねー(マネージャーの独り言)

赤色文字をクリックし動画で当時を思い出してください。メンバーの感極まったシーンも収められています。

 

♪♪・・皆さんお元気ですか~? 

さて今回は新年明けてからのお知らせをさせて頂きます。少し先の話ですが、来る平成27年2月1日(日)、ごきおや初の催しで新年会を開きたいなと思ってるのであります。いつも応援してくれてる人やお世話になってる人、近所の人、ちょいとばかし遠方の人、男女問わず年齢も問わない、「メンバーや他の応援者さんとも楽しみたいなぁ~」と思ってる人たちで集まって楽しい時間を過ごしたいのです。

   日時 : 平成27年2月1日(日) PM2:00~4:30

   場所 : 愛知県小牧市・ライブハウス『ザ・スクラッチ』 (●スクラッチ地図)(●スクラッチ店)

   会費 : 3000円(アルコールを含むフリードリンク付  ※1テーブルにピザとスナック菓子が1つづつ出ますが持ち込みは自由です。
         持ち込み自由なので差し入れは大歓迎します♪♪)                                   

・・・会場を借りるために、メンバーを含めて20~30名の参加者が必要です。皆さん参加してみませんか?こちらから連絡の出来る人は連絡などさせてもらいますが、それが出来ない方も良かったら「コメント欄」でも、似顔絵下黒帯の「メッセージを送る」欄からでもどんな方法でもOKですから連絡頂ければ嬉しい限りです。詳細の質問もどうぞです・・(^^♪・・お待ちしております、ヨロシク~・・

尚、会場は駐車場が数台分しかないため参加の場合公共交通機関などでお越しくださいまし。参考の機関と地図を下に記します↓。 

    《  ●最寄りのバス停からお店までの地図 & 公共交通機関網 →クリックされたし→  (●バス停→お店 ) (●各地→岩倉) (●各地→小牧)  》

これいいMGoodこれい~12CAI_0117

●・・・2バージョン、何とかカラーにできましたよ~!少し画質が悪いけど・・・まっ、しゃ~ないかな!!
これで名刺作ろ~~っと♪♪
●・・・さてさて、M.ミズノ氏が自作した「ごきおやシール」を、メッチャ大切にしている愛車に自ら貼り付けて今日も元気に「ごきおや」広報に務めてくれてるのでありました(写真下)・・・(*^^)v・・・エラいっ!!

※クリックすると大きくなります♪

☆・・・5月30日(木)、かねてから計画のあった新生『ごきおや』メンバ~がついに顔を合わせました。

この事態にBASSを引き受けてくれたのは、遥かエジプト・・・じゃないけど、飛騨の遠路から足を運んでくれた「Nくん」こと『N・シゲミ』ちゃん♂であります。7曲分の譜面はすでに渡してあったとはいえ全員で合わせるのは初めて!!スパルタとスカトロで知られるGuiterの下ちゃんの「よ~いLet’s ら GO!」の掛け声とともに演奏は始まりました。

最初の「銃爪(ひきがね)」はBassシゲミちゃんが譜面のリピートがわからなかったのでもう一回やり直しましたが、2曲目の「宿無し」は一回で何とかOK!!!♪♪ 安堵のヒマも無く、スパルタとスカ・・・の下ちゃんはすぐに次の曲へ・・・・

そうこうして、開始から2時間、休憩も入れて全7曲を何とかクリアしました。シゲミちゃんはやや飛騨訛りがあるほのぼのとした癒し系の人物であります・・・が、しかししかし、さすが下ちゃんご推薦の人物!いったんBass Guiterを握るやいなや、そのオットリとした雰囲気が消え、まるで別人のように曲を奏でるのでありました。

しか~し、メンバ~全員の住まいが地理的にかなり遠いため、練習回数はそんなにはできません。今回もシゲミちゃんは自宅でかなりの練習をしてきてくれたものと思われます。そんな努力をますますドンドンしてもらって、また何処かでお呼びが掛かればあちらこちらで出来うる限り演奏させて頂こうと思っちょります。

皆さん、どうぞますますの応援をよろしくお願いいたします~~~~~<m(__)m>

(さらに…)

☆彡・・・今から35~6年前、ごきおやキーボードともちゃんがオムツよちよち歩きから少し経った頃、その頃からみのちゃん、たっちゃん、よっちゃんはバンド音楽を楽しんでいました。どういう経緯かは忘れましたが、ある日みのちゃんから私に『ムーンスターズというバンドがドラマーの応援を探しているけど、よっちゃんどう?』と連絡がありました。気楽にOKしてイザっ練習会場の名城大学クラブ室まで行きましたが・・・なななんと、そのバンドはダンスパーティーなどで演奏する10名以上のフルバンド!! 元来ノミの心臓と言われる私が、そんな大勢を前にして急に心細く心配になってしまったのは言うまでもありませんが、引き受けた手前恐る恐るだましだまし週一の練習に通ったのであります。ドラムテクニックの無さを何とか隠したくて、演奏では叩くことも無いできるだけ沢山の太鼓をセットにくっつけて一見ウマくみえるようにもしました。それでもダンス会場など、あちこち十数会場で何とか演奏させてもらいましたヨ・・・(´∀`)・・ホッ・・・

その演奏会場のうち一回だけ「みの、たつ、よっちゃん」3人のいるバンドも友情出演という形で演奏させて戴いたことがあります。その時のバンド名が『ウォーニングレッド(赤色警告灯)』でした。名前の由来は、メンバーみんなが「小心者」だったため「警告されるようなアブない人物」に憧れていたからであります。

そんなバンド活動が続くうちにとんでもない事故が起こったのであります・・・・

(さらに…)

☆彡・・・新年が明け、新政権もスタートして、今年も早や半月以上が過ぎました。ご無沙汰しています。

ごきおやの活動はまだ止まってるのでH.Pも止まったままでしたが、活動とは別に日記的でいいから時折少し書いてみようと思います。良かったら読んでくださいまし。

みのちゃんがいなくなってもう・・・というか、まだというか、二ヶ月が過ぎました。奥様はまだ傷心です。当たり前ですが・・・みのちゃんと同級生のワタクシ:よっちゃんでありますが、年相応に髪も少しづつ白くなりつつありました。バンドの時は毛染めしたりして少しは若く見えるようにと工夫したものであります。それがネェ、みのちゃんが亡くなった頃から白さスピードがグングンUPして、みのちゃんのトレードマークでもあった『白髪』に追いつけ追い越せ状態になってきちゃいました。奥さん曰く

    『みのるちゃんがのりうつってきた~~~!!』

自分で見ても『エッ?いつの間にこんなに白くなった?』と思うほどです。メンバーのみんな!!今度会ったら君たちでさえビックリするかもよ・・・今後はバンドもこの「白さ」で攻めていこうと思った次第であります。毛染め代金も浮くしねぇ・・・・

・・・・・・以上、よっちゃんの近況報告でした・・・・またネ・・・(*^_^*)♪♪

突然の報告ではありますが、先週11月15日(木)、「ご近所おやぢバンド」ベーシストの みのちゃん が他界しました。

そのほんの数日前の11日(日)、一宮串作公民館にてライブを行った翌12日の朝 自宅前にて倒れ、すぐに病院に運ばれたのですが、脳幹出血という手術も施せないような症状に、病室に駆けつけたみんなの声援・期待もむなしく 戻ってくることはできませんでした。
 
『愛と勇気』がモットーだった彼は、家族、友人、音楽、そしてお酒をこよなく愛し、
人生を思う存分楽しみハツラツと生き抜いた62年間でありました。
しかしあまりにも突然の出来事で、周りの誰もが大きなショックにかられ、
それにもまして「信じられない」というのが本心です。

この現実を前にして、メンバーにとって彼のいない『ごきおや』は今は考えられません。
4人で話し合い何らかの答えが出るまでは『ご近所おやぢバンド』の活動を休止させていただくと共に、
今まで大勢の皆様にいただいた熱い応援に、メンバー一同こころから感謝申し上げます。
 
若過ぎるし、諦めきれず残念で残念で仕方ありませんが・・・みのちゃんの冥福を心から祈ります。
そして、今までメンバー5人の『ご近所おやぢバンド』を応援してくださったこと、本当にありがとうございました。
●11日(日)の串作ライブ。翌12日朝倒れ、そのわずか三日後に旅立ってしまいました。
受け入れ難い事実でありますが・・・心から冥福を祈ります・・・カレにこんな言葉をかけるなんて思いもしなかった
・・・でもこの言葉しか出てきません・・・
 
(さらに…)

★その後、今のパートになり よっちゃん・たっちゃん・みのちゃん・広瀬くんのメンバーでしばらく活動が続きました・・・

DSCF0148

★H15頃名古屋広小路祭の路上ライブにて・・・

-h60

★北名古屋市『Love & Peace』音楽祭にて・・・

(さらに…)

★H12、高田音楽祭が終わった後でたっちゃんの友人から 『会社のイベントでバンドやって欲しい』 と依頼がありました。嬉しかったけどよっちゃんたっちゃん二人だけではボリューム不足ということでギターの広瀬くん(当時32歳・・・若~い!)というカッコいい兄ちゃんを誘って出演しました。狭い会場でしたが、長渕剛とかをやってたくさん拍手をもらってすごく嬉しかったのを覚えています。(生協駐車場にて)

img005★右端が広瀬くん(若いワァ~!)・・・誰じゃい、広瀬くんの方が良かったなんて言うのは(`´)H12/Oct

(さらに…)